放課後デイサービス利用方法

放課後デイサービスは、発達に凸凹のあるお子様向けの学童保育と療育の機能をもったサービスです。お子様の生活能力向上や障害の緩和のための様々な療育プログラムを行っています。
放課後等デイサービスは「障害児給付費の対象」となります。
お住いの市町村に申請を行い受給資格を得ることで、国と自治体から利用料の9割が給付され、1割の自己負担金でサービスを受けることができます。
※前年度の所得によって自己負担が0であったり1割以上になることがあります。

受給者証が発行されますと放課後デイサービスを受けることが可能となり、利用を申し込む事ができます。

太陽の家ご利用開始の流れ

  • 初めてのご利用
  • 他社でご利用の経験
  • ご利用を検討中

放課後デイサービスを初めて利用される方

受給者証発行に必要なお手続きからサポートいたしますので、まずはお気軽にご相談下さい。受給者証発行後、お子様に合わせた療育プログラムを作成し利用を開始していただけます。

 

他社をご利用されたことのある方

受給者証がお手元にあるかご確認いただき、教室見学・ご相談をご予約下さい。お伺いした内容を元に、お子様の状況に合わせた療育プログラムを作成いたします。

 

利用をご検討の方・お子様の発達に不安のある方

放課後デイサービスのご利用には、お住いの市町村が発行する「受給者証」が必要となります。受給者証をお持ちでない方でも教室見学やご相談を受け付けております。
また、お子様の発達にご不安のある方のご相談もお受けしております。必要に応じて専門医をご紹介させていただき「太陽の家」へのご利用までに必要な申請等のサポートもさせていただきます。
まずはお気軽にごれんらくください。